カフェスタイルのSHOWROOMが誕生!!こだわりの素材やデザイン 耐震・断熱性の高いテクノロジーを見ることができます

木の温もりと素材の質感を感じられるカフェスタイルのショールームです。
注文住宅専門コンシェルジュがお客様のご要望を具現化し、ONLYONEの住まいをデザイン。
ご家族の生活スタイルにちょうどよい住まいをスタイリングする。
それが『YAZAWA STYLE』...
YAZAWALUMBERから新たな注文住宅ブランドが始まります。


屋上を「世界で一番近いリゾート」へ

瓦屋根ではなく、おおよそ同じコストの屋上庭園として仕上げることで自由度の高いライフスタイルを叶えます。
「六本木ヒルズ」や「OSAKA STATION CITY」などの屋上緑化や防水に関わった経験とノウハウを活かした
プラスワンリビングハウスならではのご提案です。

建物外観イメージイラスト

※  掲載のCG画像および建物外観イメージイラストはプラスワンリビングハウスのプラン例を基に描き起されたものであり、実際とは多少異なります。
※  上記のオプション費はご提案内容や面積によって若干変動いたします。
詳しくは係員までおたずねください。

優れた断熱性と先進のテクノロジー

私たちヤザワスタイルが自信を持って開放的な大空間をご提供するにあたって、
寒冷地にも耐えうるだけの断熱性能によって生み出される快適性と、
万一の巨大地震や火災に見舞われたとしても構造体が崩壊することなく
耐えうる安全性の2つが必要不可欠だと考えています。

開放的な大空間を、心地よい暮らしのステージへと昇華させる 優れた断熱性と最新のテクノロジー

もし単に見た目の美しさや、清々しいイメージだけを求めて立体的な大空間の家をご用意したとしても、快適性と安全性を支える確かなテクノロジーと、それを実現する施工体制が整っていなければ、心地よい暮らしが実現できるとは思いません。

現在、住まいの快適性を高める方法の一つとして外断熱という工法が多くの方に知られていますが、これにより家の断熱性と気密性を高めて冷暖房効率を飛躍的に高めるだけでなく、梁や柱といった家の構造体の温度変化を抑えることで住宅寿命を延ばす効果も期待できます。また断熱材が構造体の外側を包むような工法のため、近隣での火災に対しても延焼がおこりにくく、避難するための時間も確保しやすくなります。
しかし、あまり広くは知られていませんが、実際には単に外断熱を採用しただけでこれらのメリットを充分に享受できるわけではありません。

業界トップクラスを標榜 厳しい自己評価に基づく本質的な安全性能を目指して

ヤザワスタイルでは外断熱の特性をさらに高い次元へと昇華させるために、通気性のある特殊なアルミシートを断熱材に入れ、乾燥状態を生み出し、木材の耐久性を高めることで住宅のさらなる長寿命化を図っています。また地震や台風といった大きな外力にさらされた際に、構造体にかかる力を、柱や梁だけでなく面全体でいなすように分散しながら受け止める強固な構造体を採用。しかし耐震構造だけでは地震のたびに構造が弱くなっていくため、余震にも繰り返し耐えられるように制震ダンパーを設え、「耐震+制震」で建物の変形を大幅に抑えています。

また母体であるヤザワランバーが木材の卸業からスタートしている強みも活かしながら、主要構造体となる木材も厳選。世界遺産にも登録されている奈良の法隆寺にも使われている吉野檜を採用しています。吉野檜は木材として粘りがあり、年輪巾も均一で曲がりが少ないことで知られており、1,300年前の柱と新しい檜の柱で強度はほぼ同じぐらいだとされています。全体の品質管理の向上のために「日本住宅保証検査機構」や「住宅保証機構」といった第三者機関の評価体制も採り入れながら、それよりも厳しい自己評価基準を設けて高い安全性能を追求しています。


施工実績490棟(2010年度)

ヤザワスタイルでは、デザイン性と暮らしやすさの両面から住まいのご提案を行っており、
お客様のご希望をベースとして生み出される「家」には結果として、個性的な表情を持つものも多く存在します。
ここでは、過去の実例をご覧いただきながら、私たちの住まいづくりの考え方をお伝えいたします。

住まいづくりの第一歩は、ご希望を伺うこと 私たち設計室のスタッフにお話をお聞きかせください

私たちヤザワスタイルでは、お客様のご要望に高い次元で応えるため、初期段階から設計担当者が直接お客様とのお打ち合わせに参加させていただいています。家のプランニングから施工までの流れを把握した設計担当者が参加させていただくことにより、初期段階では漠然としがちなお客様の理想の住まいのイメージをお伺いしながら、時にはアドリブで「それならばこういった空間設計や仕様を導入されてはいかがですか」「一般的には相容れない二つの要素もこのように両立する方法があります」といった具合に幅広いご提案を交えながら、最終的なコストにまで配慮した、お客様にとっての適切なトータルプランの作成ができると考えているからです。

また設計担当者をはじめ、お打ち合わせに参加させていただくスタッフそれぞれがお客様のご要望を伺うことにより、詳細な設計の策定や具体的な施工行程の検討といったテクニカルなプランニングパートにおいても、参画するスタッフそれぞれからよりよい住まいづくりのための意見が出しやすくなるというメリットも生まれ、同時に参画したスタッフのプランニングスキルが高まっていくという側面もあります。ヤザワスタイルでは営業や設計といった自らのパートのみに専念しているだけではなかなか得ることのできない複合的なスキルやノウハウを活かして、常にお客様にご満足いただけることを目指しています。

施工品質に対する責任を果たすため 無駄なコストを削減するため、社内一貫体制を確立

時計や車といった世の中にあふれている工業製品と、家が決定的に異なるのは、世の中に決して二つとして同じものが無い「土地」の上につくられるということです。意外に感じられるかもしれませんが、一戸建てやマンション、あるいは商業ビルディングの区分を問わず、基本的に日本の建築物は、ほぼすべてが職人によるハンドメイドです。建物完成後にはっきりと見える壁の均一な仕上げや、構造体の枠組みの微妙なテンション調整はもちろん、あるいは建物基礎のコンクリート打設においてもその日の天候やコンクリート工場からの輸送時間等の条件により微妙に粘度を調整するのも職人技のひとつ。これにより家の耐用年数も大きく左右されます。

どれだけハウスメーカーとしての「設計」や「仕様」、「規格」が優れていたとしても、実際の建物の出来を大きく左右するのは結局のところ職人の技量となり、実際の施工現場においては熟練した職人や監督者の確保が重要な課題となります。ヤザワスタイルの母体であるヤザワランバーでは、早期からこの課題に取り組み、設計から施工までの社内一貫体制を確立。高度な連携を前提とした「マイスターシステム」を導入することで熟練した職人を育てると同時に、最新工法の習得サポートやコミュニケーション精度向上を実現しました。またこれらの活動により余分に掛かっていた経費や中間マージンを削減し、価格面においてもメリットを創出しています。

一般的なハウスメーカーの場合

ヤザワスタイルの場合

設計〜施工まで社内一貫体制により、不要なコストをカット

ヤザワスタイルでは社内一貫体制により中間コストをカット
お打ち合わせに設計担当者が参加することで、営業経費の削減も行っています