• 青山展示場
  • YazawaStyle
    • リフォームのご相談
    • アフターメンテナンス
    • 展示場お問合せ
    • 無料相談
    • 資料請求
  • 企業魂
  • 屋上庭園の楽しみ方
  • 新しいライフスタイルを創る
  • 初めて注文住宅を建てる人へ
  • MY HOME MAGAZINE

コラム

屋上庭園があれば、休日に家から出ずとも贅沢キャンプで非日常を味わえます。 家族や仲間と至福のひとときを共有するのにもってこいの屋上贅沢キャンプなんていかがですか?

・・・つづきはこちら

リビング内に階段が設けられた設計のことをリビングイン階段、またはリビング階段といいます。近年リビング階段がお洒落で実用的だと人気が高まっています。リビング階段の魅力に迫ります。

・・・つづきはこちら

大切な家族の一員であるペット。注文住宅なら、どんなペットにもぴったりの住宅を自由に設計することができます。今回は、犬と猫が快適に過ごせる注文住宅のポイントをご紹介いたします!

・・・つづきはこちら

今まで普通に生活していたはずの人が要介護者となったとき、家の不便さが見えてくることでしょう。家を根本から設計する注文住宅ならより介護がしやすい環境を作ることが可能です。

・・・つづきはこちら

注文住宅を建てる際、注文する前にまずどんな家に住みたいという注文内容と、ここに建てますという土地を用意することが必要です。注文後はプラン設計やお見積りを経て着工に移ります。

・・・つづきはこちら

木が持つ健康効果は計り知れません。木が放つ香りはリラックス効果が高く、ストレスを和らげてくれるでしょう。また、消臭や虫よけ効果も実証され、病気予防にも一役買いそうです。

・・・つづきはこちら

注文住宅を建てるときには気をつけておきたい注意点がいくつかあります。予算が膨らんでしまったり、時間がかかる点もそうですが、信頼できる業者を見極めることも大切なポイントです。

・・・つづきはこちら

キッチンは使い勝手の良さが課題となる場所です。注文住宅は自由度が高い故に失敗を犯してしまいがちですが、それをプラスに働かせることができればとても使いやすいキッチンになるはずです。

・・・つづきはこちら

注文住宅の最大のメリットは予算の許す限り自分の望んだとおりの家が建てられるということです。長く住む家だからこそ細部までこだわることができる注文住宅の家を建てたいものです。

・・・つづきはこちら

注文住宅を考える際、間取りや外観などを重視する人は多く、エクステリアを後回しにしがちです。しかし、設計と同時に考えなければ失敗を招きかねないため、当初からよく考える必要があります。

・・・つづきはこちら

一戸建てならではの楽しみの一つに、家庭菜園があります。野菜の出来は土が左右すると言っても過言ではありませんが、注文住宅ならあらかじめ畑を作っておくことも可能です。

・・・つづきはこちら

住宅の素材を選べる点は注文住宅のメリットの一つです。化学物質を使わない天然素材の家は体に優しい家と言えるでしょう。天然素材は木材に限らず、壁材や塗料、接着剤なども含まれます。

・・・つづきはこちら

部屋を広くできない場合でも、バルコニーの床材を室内と統一したり、バルコニーと室内の段差を解消してまたぎ越しが出ないようにすることで、部屋とバルコニーを一体化させることができます。

・・・つづきはこちら

高い天井は憧れの的ですが、照明のメンテナンスや空調の問題もあるのでむやみに天井を高くすることはオススメできません。標準的な高さの天井でも視覚的に部屋を広く感じさせる演出は可能です。

・・・つづきはこちら

注文住宅でついついおろそかにしてしまいがちなのがトイレの場所。スペースに限りがある場合は階段下などに追いやられがちですが、その位置は風水的にどうでしょうか。

・・・つづきはこちら

注文住宅は自分好みの家を建てることができるというのが大きな魅力のひとつですが、家を建てる前から色々と設計をすることができるので防犯対策をとりやすいという利点があります。

・・・つづきはこちら

注文住宅の展示会ではどこまでが標準仕様でどこからがオプションかを確認する必要がありますし、家族全員で見学するということも大切なことです。細かいところまで確認しましょう。

・・・つづきはこちら

注文住宅業者を選ぶときにはどのような工法を採用しているのか、どんなデザインの住宅を建てているのかという部分が重要です。また、過去の実績やノウハウがある会社を選ぶことです。

・・・つづきはこちら

注文住宅の費用を抑えるには、きちんとした予算を持つことと、できる範囲は自分で済ませてしまうことが大切です。ハウスメーカーの設計担当者と一緒に理想のプランを練りましょう。

・・・つづきはこちら

2020年以降に建てられる注文住宅は、必ず省エネ基準適合住宅の条件に合致していることが求められます。評価条件は断熱性が高く、一次エネルギー消費量が少ないことです。

・・・つづきはこちら

資料請求はこちら

無料相談はこちら